コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村雨谷 かわむら うこく

美術人名辞典の解説

川村雨谷

司法官・南画家。名は応心、字は広卿、別号に休翁・無生居士等。明治初年から司法省に奉じ、大審院判事に至る。南画・俳画を能くした。明治39年(1906)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村雨谷 かわむら-うこく

1838-1906 幕末-明治時代の司法官,画家。
天保(てんぽう)9年8月8日生まれ。慶応元年長崎奉行支配定役となり,在任中に木下逸雲(いつうん),鉄翁(てっとう)祖門に文人画をまなぶ。明治2年刑部省につとめ,大審院判事にすすむ。31年退官後は,文人画界の重鎮として活躍。明治39年12月29日死去。69歳。江戸出身。名は応心。字(あざな)は広卿。通称は新介。別号に休翁。作品に「箕山秋色図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川村雨谷の関連キーワード田能村小竹山岡 米華猪瀬東寧斎藤知白山岡米華司法官

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android