コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵築 キツキ

デジタル大辞泉の解説

きつき【杵築】

大分県、国東(くにさき)半島南部にある市。江戸時代松平氏の城下町。柑橘(かんきつ)類のほかイチゴ・花卉栽培が盛ん。平成17年(2005)10月、大田村・山香町と合併。人口3.2万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きづき【杵築】

出雲国(島根県)の地名。出雲大社門前町。地名由来は《出雲国風土記》の神門(かんど)郡杵築郷の条に記してある所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)の宮処を築いたことによる。大社所在地が杵築宮内村であり,出雲国造(こくぞう)家をはじめとする社家屋敷が密集していた。古代からの大社神領で,世には杵築浦など十二郷七浦がその範囲とされ,江戸期も国造家代官が支配するところであった。独特の神事や民俗行事が保存されているほか,国造家の庇護を受けて国学,和歌,文芸,芸能も盛んで,江戸期には〈杵築文学〉の名があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きつき【杵築】

大分県国東くにさき半島南部の市。旧城下町。豊後表ぶんごおもてを特産としたが、近年は柑橘かんきつ類の栽培が盛ん。

きづき【杵築】

島根県出雲市大社町辺りの古地名。出雲大社(杵築宮)所在の地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵築
きづき

島根県中北部、出雲(いずも)市の一地区。旧杵築町。古くから出雲大社の門前町、また市場町として栄えてきた。明治以前は、出雲大社は杵築大社といわれていた。国道431号、一畑(いちばた)電車大社線が通じる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杵築の言及

【大社[町]】より

…人口1万6683(1995)。《出雲国風土記》の国引き神話ゆかりの地で,大正時代まで杵築(きづき)とよばれていた。中世,杵築十二郷七浦の中心として栄えた。…

※「杵築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杵築の関連キーワード大分合同新聞納涼花火シリーズ 杵築会場大分県杵築市山香町久木野尾大分県杵築市山香町吉野渡大分県杵築市山香町内河野大分県杵築市山香町南畑大分県杵築市山香町日指大分県杵築市山香町山浦大分県杵築市大田白木原大分県杵築市山香町野原大分県杵築市山香町向野大分県杵築市山香町広瀬奈良県磯城郡三宅町伴堂大分県杵築市山香町立石大分県杵築市山香町小武大分県杵築市山香町倉成大分県杵築市山香町下大分県杵築市大田俣水奈良県天理市南六条町大分県杵築市大片平きつき城下町資料館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杵築の関連情報