上林暁(読み)かんばやしあかつき

  • 1902―1980
  • 上林暁 かんばやし-あかつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1902.10.6. 高知,田ノ口
[没]1980.8.28. 東京
小説家。本名,徳広巌城 (いわき) 。第五高等学校を経て 1927年東京大学英文科卒業。卒業とともに改造社に入り,1933年同社の『文芸発刊に伴いその編集主任となる。同年第1創作集『薔薇盗人』を出し,翌年退社,以後創作に専念。農村出身の意志の強さや執拗さをもつストイックで誠実な私小説作家として独自の作風樹立。『春の坂』 (1958) で文部大臣賞を受けた。作品はほとんどが短編で,病妻をみとる精神病院の日々を描いた『聖ヨハネ病院にて』 (1946) のほか,代表作に『安住の家』 (1938) ,『ちちははの記』 (1939) ,『白い屋形船』 (1963) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小説家。高知県生れ。本名徳広巌城(いわき)。東大英文卒。改造社に入社,《改造》編集に携わる。かたわら小説を書きつづけ1932年の《薔薇盗人》で注目され,作家としてに出る。1934年以後文筆に専念。戦後は《聖ヨハネ病院にて》《嬬恋ひ》などのいわゆる〈病妻もの〉や《白い屋形船》などを発表,高く評価された。代表的な私小説作家の一人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1902-1980 昭和時代の小説家。
明治35年10月6日生まれ。昭和2年改造社にはいる。7年「薔薇盗人」でみとめられて作家生活にはいる。「安住の家」などで私小説に活路をひらき,戦後は「聖ヨハネ病院にて」など,一連の病妻ものを発表した。40年「白い屋形船」で読売文学賞。芸術院会員。昭和55年8月28日死去。77歳。高知県出身。東京帝大卒。本名は徳広巌城(いわき)。
【格言など】吾れ五十を過ぎて自然の妙味に感嘆す(「去年の薔薇」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1902‐80(明治35‐昭和55)
小説家。高知県生れ。本名徳広巌城(いわき)。熊本の五高を経て,東大英文科卒業。改造社に入社し,はじめ円本(えんぽん)の《現代日本文学全集》の校正に従い,のち《改造》編集部に移る。1927年,五高時代の友人永松定(さだむ)ら仲間10人と同人雑誌《風車(ふうしや)》を創刊,《凡人凡日》その他の習作を上林暁の筆名で発表する。31年,文壇的処女作《欅日記》を《新潮》に掲載。翌年同じ《新潮》に載せた《薔薇盗人》が川端康成に認められ,作家としての地位を確立する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説家。明治35年10月6日、高知県に生まれる。本名徳広巌城(とくひろいわき)。東京帝国大学英文科卒業。改造社に入社。1931年(昭和6)『新潮』に発表の『欅(けやき)日記』が文壇的処女作であるが、出世作は翌年『新潮』に発表の『薔薇盗人(ばらとうにん)』。『文芸』の編集主任になったが、34年に改造社を退社し、作家生活に入る。しかしスランプが続き、前途が開けてきたのは38年『安住の家』を発表したころからである。それもつかのまのことで、妻繁子が翌年精神に異常をきたし、46年(昭和21)に亡くなるまで辛苦の生活が続いた。『聖ヨハネ病院にて』(1946)などの病妻物は、この時期の体験に根ざしたものである。52年に第1回目の脳溢血(のういっけつ)にみまわれた。快癒後、『春の坂』(1957)、『御目の雫(しずく)』(1959)などの郷里に取材したいくつかの秀作を書く。62年に第2回目の脳溢血にみまわれ、以後病床にあったが、創作欲は旺盛(おうせい)であり、『白い屋形船』(1963)をはじめとする多くの優れた作品を残した。逆境に耐え、かつそれを虜(とりこ)にした上林の作品には、感傷や暗さがなく、自然な明るさをたたえている。昭和55年8月28日に没した。

[大森澄雄]

『『増補・改訂 上林暁全集』全19巻(1977~80・筑摩書房)』『高橋英夫著『上林暁論』(『元素としての「私」』所収・1976・講談社)』『徳広睦子著『兄の左手』(1982・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

小説家。高知県出身。本名徳広巖城。「薔薇盗人」を文壇出世作とし、以後数多くの短編小説を書く。昭和期の代表的な私小説作家。作品「ちちははの記」「聖ヨハネ病院にて」など。明治三五~昭和五五年(一九〇二‐八〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android