コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川連漆器

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川連漆器

稲川町(現湯沢市)の伝統産業で、約800年前に武具に漆を塗ったのが始まりとされる。本格的に盛んになったのは、17世紀中頃から。仕上げの基礎となる下地重点を置き、丈夫で実用的な漆器を得意とすることで知られる。国の伝統的工芸品に指定されている。

(2006-03-06 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

川連漆器[漆工]
かわつらしっき

東北地方、秋田県の地域ブランド。
秋田県湯沢市川連町・旧稲川町駒形地区及び三梨地区に由来する製法により秋田県湯沢市川連町・旧稲川町駒形地区及び三梨地区で漆塗りを施した杯・皿・重箱・鉢・べんとう箱・椀・片口・茶托・茶筒・茶櫃・なつめ・菓子器・盆・膳・箸・箸箱・しゃもじ・急須台・おしぼり置き・花器。約800年前の鎌倉時代、源頼朝の家臣であった稲庭城主・小野寺重道の弟・道矩が農民に内職として武具に漆を塗らせたのが始まりといわれる。江戸時代に日用雑器としての椀づくりが盛んになった。丈夫さで定評のある川連漆器は、直接生漆を塗る地塗りが数回繰り返されるため、堅く丈夫に仕上がる。殊に、刷毛目を見せずに漆を均等に塗る花塗りには、高度な技術が要求される。秋田県伝統工芸品。1976(昭和51)年12月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2008(平成20)年6月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5141290号。地域団体商標の権利者は、秋田漆器工業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の川連漆器の言及

【稲川[町]】より

…稲庭には中世に小野寺氏が居城した稲庭城跡がある。川連地区は,武具の漆塗が起源と伝えられる川連漆器が特産で,大館,久保を中心に椀,膳類が生産され,国の伝統的工芸品に指定されている。近年は仏壇製造が発展をみせ,漆器,仏壇の出荷額は農業生産額を上回り,重要な地場産業に成長している。…

※「川連漆器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川連漆器の関連情報