コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川連漆器

1件 の用語解説(川連漆器の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川連漆器

旧稲川町(現湯沢市)の伝統産業で、約800年前に武具に漆を塗ったのが始まりとされる。本格的に盛んになったのは、17世紀中頃から。仕上げの基礎となる下地に重点を置き、丈夫で実用的な漆器を得意とすることで知られる。国の伝統的工芸品に指定されている。

(2006-03-06 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川連漆器の言及

【稲川[町]】より

…稲庭には中世に小野寺氏が居城した稲庭城跡がある。川連地区は,武具の漆塗が起源と伝えられる川連漆器が特産で,大館,久保を中心に椀,膳類が生産され,国の伝統的工芸品に指定されている。近年は仏壇製造が発展をみせ,漆器,仏壇の出荷額は農業生産額を上回り,重要な地場産業に成長している。…

※「川連漆器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川連漆器の関連キーワード地場産業福山湯沢市湯沢町石岡越後湯沢湯沢伊佐伝統芸能・工芸を介した交流アゾロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川連漆器の関連情報