コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川連 かわつら

3件 の用語解説(川連の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川連
かわつら

秋田県南東部,湯沢市北東部にある旧稲川町の集落。雄物川の支流皆瀬川に臨む。旧町名。 1956年近隣町村と合体して稲庭川連町となり,1966年稲川町に変更。川連漆器の産地。漆器は,建久4 (1193) 年大館城主小野寺重道の弟道則により,製法が伝えられたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川連【かわつら】

稲川[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川連
かわつら

秋田県南部、湯沢市の一地区。旧川連町は、1956年(昭和31)に稲庭(いなにわ)川連町となり、1966年稲川町と改称、さらに2005年(平成17)湯沢市に合併。中世に領主小野寺氏が家臣の内職として奨励したという川連漆器で知られ、現在も椀(わん)や盆の日用品を中心に生産が盛んで、国の伝統的工芸品に指定されている。川連漆器伝統工芸館がつくられている。国道398号が通じる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川連の言及

【稲川[町]】より

…秋田県南東部,雄勝(おがち)郡の町。1956年稲庭町,川連(かわつら)町など4町村が合体して稲庭川連町となり,66年稲川町に改称。人口1万1419(1995)。…

※「川連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川連の関連キーワード稲川〈町〉秋田県湯沢市内舘町秋田県湯沢市大町秋田県湯沢市小野秋田県湯沢市北荒町秋田県湯沢市北土沢秋田県湯沢市古館秋田県湯沢市前森秋田県湯沢市森秋田県湯沢市八幡

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川連の関連情報