コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲川 いなかわ

7件 の用語解説(稲川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲川
いなかわ

秋田県南東部にある湯沢市北東部の旧町域。横手盆地南部,雄物川支流の皆瀬川の流域に広がる。流域一帯は稲庭沢目呼ばれる。 1956年稲庭町,川連町の2町と三梨 (みつなし) 村が合体して稲庭川連町となり,1966年稲川町に改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

いながわ【稲川】

福島の日本酒。酒名は、会津米を「稲」、仕込み水の伏流水を「川」として命名。「大吟醸無ろ過原酒」は平成18、21、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。ほかに雪室で貯蔵する特別純米原酒「雪中貯蔵酒」や、吟醸酒、本醸造酒、普通酒などをラインナップ。原料米は美山錦、山田錦など。仕込み水は磐梯山の伏流水。蔵元の「稲川酒造店」は嘉永元年(1848)創業。所在地は耶麻郡猪苗代町字新町。

いながわ【稲川】

青森の日本酒。蔵元は「八戸酒類稲川工場」。現在は工場閉鎖。工場は三戸郡階上町赤保内字大上にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

稲川

福島県、合資会社稲川酒造店の製造する日本酒。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

稲川

古典落語の演目のひとつ。「稲川治郎吉」「関取千両幟」「千両幟」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲川
いなかわ

秋田県南東部、雄勝(おがち)郡にあった旧町名(稲川町(まち))。現在は湯沢市の北東部を占める地域。雄物(おもの)川の支流皆瀬(みなせ)川流域にある。1956年(昭和31)稲庭(いなにわ)、川連(かわつら)の2町と三梨(みつなし)村が合併して稲庭川連町と称したが、1966年稲川町と改称した。2005年(平成17)雄勝(おがち)町、皆瀬(みなせ)村とともに湯沢市に合併した。JR奥羽本線湯沢駅からバスの便がある。稲庭はかつて脇(わき)街道の宿駅で、また六斎市の立つ市場町であった。名物の稲庭うどんは藩政期からつくられていた。川連では川連漆器、仏壇製造が盛んで、そのほか川連こけしの生産も多い。これらの地場産業の生産額は農業生産を上回り、とくに川連漆器と秋田杉(すぎ)桶樽(おけだる)は国の伝統的工芸品に指定されている。農業は米作中心で、果樹栽培、畜産も行われる。[宮崎禮次郎]
『『稲川町史』(1984・稲川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲川の関連キーワード田島会津富士粛正会津中将福満会津娘菊泉川薫鷹四時川天海旭鶴

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲川の関連情報