州浜草(読み)スハマソウ

デジタル大辞泉の解説

すはま‐そう〔‐サウ〕【州浜草】

ミスミソウの変種。葉の先は丸みを帯びる。早春、白色または紅紫色の花を開く。ゆきわりそう。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すはまそう【州浜草】

ミスミソウの一品種。葉の裂片の先が丸みを帯びて州浜形のものをいう。本州の山地に生える。早春、花茎の先に白または淡紅紫色の五弁花をつける。ユキワリソウ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android