コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

州浜草 スハマソウ

デジタル大辞泉の解説

すはま‐そう〔‐サウ〕【州浜草】

ミスミソウの変種。葉の先は丸みを帯びる。早春、白色または紅紫色の花を開く。ゆきわりそう。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すはまそう【州浜草】

ミスミソウの一品種。葉の裂片の先が丸みを帯びて州浜形のものをいう。本州の山地に生える。早春、花茎の先に白または淡紅紫色の五弁花をつける。ユキワリソウ。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

州浜草 (スハマソウ)

学名:Hepatica nobilis var.japonica f.variegata
植物。キンポウゲ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

州浜草の関連キーワードユキワリソウ(雪割草)ユキワリソウ州浜形花茎

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android