州浜草(読み)すはまそう

精選版 日本国語大辞典「州浜草」の解説

すはま‐そう ‥サウ【州浜草】

〘名〙 キンポウゲ科の多年草。東北・関東・中部地方の山地の林下に生える。高さ約一〇センチメートル。葉は根生し長柄をもち叢生する。葉身は幅三~五センチメートルの心臓形で三中裂し、各裂片は広卵形で裏面に白い長毛を散生する。早春、葉間から長い花柄を数本伸ばし、先端に六~八個の花弁状がく片からなる花を単生する。花は径一・五センチメートルぐらいで、花色は白色、時に、淡紅・淡紫色のものもある。古くから観賞用に栽植され、鉢植えにして正月の飾りに用いる。葉の形が島台の州浜に似ていることからこの名がある。漢名に獐耳細辛を当てるが誤用。ゆきわりそう。すはまぎく。すはまさいしん。《・春》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「州浜草」の解説

州浜草 (スハマソウ)

学名Hepatica nobilis var.japonica f.variegata
植物。キンポウゲ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「州浜草」の解説

すはま‐そう〔‐サウ〕【州浜草】

ミスミソウの変種。葉の先は丸みを帯びる。早春、白色または紅紫色の花を開く。ゆきわりそう。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android