工巧(読み)くぎょう

  • くぎょう ‥ゲウ
  • こうこう ‥カウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「くきょう」とも) 仏語。工芸を業として行なうこと。また、その人。
※今昔(1120頃か)三「此、拘尸那(くしな)城の工巧(くげう)の子也」 〔華手経‐一〕
〘名〙 工芸。また、工芸が上手であること。
※続日本紀‐天平一六年(744)一〇月辛卯「法師尤妙工巧」 〔張衡‐西京賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android