工藤会(読み)くどうかい

知恵蔵mini「工藤会」の解説

工藤会

北九州市に本拠を置く、九州最大規模の指定暴力団。2012年に改正された暴力団対策法で特定危険指定暴力団(銃撃火炎瓶を投げ込むなどの危険行為を繰り返す恐れのある組織)に指定されている。北九州市に本部を置き、12年の2月時点で650名超の構成員を擁する。かねてより武闘派として知られ、03年8月には組員が暴力団追放運動のリーダー格の経営していたクラブに手榴弾を投げ込み、従業員ら約10人が重軽傷を負う事件を起こし、また11年4月には、工藤会を担当していた元警部が銃撃されて重傷を負う事件も起きた。14年9月11日、福岡県警は1998年に組員に指示して元脇之浦漁協(現・北九州市漁協)組合長を射殺したとして、同会トップの総裁、野村悟容疑者を殺人などの容疑で逮捕、13日には同会ナンバー2である会長の田上不美夫容疑者を同じ容疑で逮捕した。11日の逮捕に際し、福岡県警本部長は組織壊滅に向け、約3800人の捜査員らを投入するなど、異例の発表を行った。

(2014-9-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android