コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨関 きょかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨関 きょかん

1556-1643 朝鮮の陶工。
明宗(めいそう)11年生まれ。慶長の役に出征した平戸領主松浦鎮信(まつら-しげのぶ)に連れられて日本にくる。肥前松浦郡中野村(長崎県平戸市)に窯をひらき,今村弥次兵衛(やじべえ)(初代)を名のった。子の今村三之丞(さんのじょう)が窯をうつして三川内(みかわち)焼(佐世保市)を創始,孫の今村弥次兵衛(如猿)が発展させた。寛永20年死去。88歳。慶尚道熊川出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨関の関連キーワード三川内焼平戸焼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android