コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し向かふ サシムカウ

デジタル大辞泉の解説

さし‐むか・う〔‐むかふ〕【差し向かふ】

[動ハ四]
向かい合う。向き合う。
「牡牛(ことひうし)の三宅の潟に―・ふ鹿島の崎に」〈・一七八〇〉
「二人―・ひて泣きけり」〈玉鬘
当面する。現在…である。
「その母君…、―・へる子どもの数多くなりて」〈・少女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしむかう【差し向かふ】

( 動四 )
その方に向く。むかう。 「牡牛こというしの三宅の潟に-・ふ鹿島の崎に/万葉集 1780
対座する。さしむかいになる。向かいあう。 「へだてなきどち-・ひて/徒然 175

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

差し向かふの関連キーワード万葉集母君三宅