コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)付ける サシツケル

デジタル大辞泉の解説

さし‐つ・ける【差(し)付ける】

[動カ下一][文]さしつ・く[カ下二]
ものに押し当てる。押しつける。
「甲鉄艦の船舷(ふなべり)へ我が船舷を―・けて」〈染崎延房・近世紀聞〉
目の前に突き出す。突きつけるように差し出す。
「場合によっては銃剣を―・けてもかまわん」〈黒島渦巻ける烏の群
あてつける。ことさらにする。
「殿様は和漢に秀でさせ給ふと申す物でござりますと、―・けたる追従に」〈浮・妾気質〉
さおを差して舟を着ける。
「人々興じて(相手ノ舟ヲ自分ノ)舟に―・けさせたり」〈更級

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

差(し)付けるの関連キーワード船舷

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android