差(し)足(読み)サシアシ

デジタル大辞泉の解説

さし‐あし【差(し)足】

音を立てないように、足をものに差し入れるようにつま先から静かにおろしてゆく歩き方。「抜き足、差し足、忍び足」
競馬で、先行馬をゴール直前に抜き去る走りぶり。「差し足のいい馬」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android