巴蛾(読み)トモエガ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

巴蛾 (トモエガ)

学名:Spirama retorta
動物。ヤガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ともえ‐が ともヱ‥【巴蛾】

〘名〙
① ヤガ科のガのうち、はねに巴形の紋のあるものの総称。トモエガのほか、オオトモエ、ハグルマトモエなどがある。
② ヤガ科のガ。はねの開張六五ミリメートルぐらい。暗灰褐色をし、前ばねには巴形の紋がある。春型では、はねは赤褐色を帯び、巴形も痕跡的で、アカイロトモエと呼ばれる。本州以南、中国、東北アジアに分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android