コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻纓 カンエイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐えい〔クワン‐〕【巻×纓】

けんえい(巻纓)

けん‐えい【×纓】

冠のを内に巻いて、黒塗りの挟木(はさみぎ)で留めておくもの。武官が用いた。かんえい。まきえい。

まき‐えい【巻×纓】

けんえい(巻纓)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんえい【巻纓】

冠の纓を内巻きにして、夾木はさみぎでとめておくこと。四位・五位の武官が用いる。かんえい。まきえい。 →

まきえい【巻纓】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

巻纓の関連キーワード舞楽装束蘇利古打球楽五常楽久米舞春庭楽古鳥蘇挿頭華束帯東遊狛桙初冠人長安摩埴破

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android