コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原多代女 いちはら・たよめ

1件 の用語解説(市原多代女の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

市原多代女

没年:慶応1.8.4(1865.9.23)
生年:安永5(1776)
江戸後期の俳人。別号,晴霞庵。陸奥国須賀川(福島県)の富商市原寿綱の娘。17歳で分家を継ぐ。31歳のとき,婿に迎えた夫と死別。家政と子供の教育の心労をいやすために俳諧を学ぶ。48歳のとき江戸へ出て多くの俳友と交わり,『菅笠日記』を著す。師の岩間乙二命名の晴霞庵に多くの俳友を迎え余生を楽しんだ。<著作>『浅香市集』『晴霞句集』<参考文献>矢部保太郎編著『たよめ全集』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市原多代女の関連キーワード村田準朔風廬坊暮来黒川惟章乙二成美太祇石井雨石石出烏旭市原多代長隠(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone