コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場細分化 Market Segmentation

ブランド用語集の解説

市場細分化

市場細分化とは市場をニーズ、特徴、行動様式などに基づき部分(セグメント)に分ける(セグメント化)することをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

知恵蔵の解説

市場細分化

市場を、類似したニーズ・特性・行動パターンを持つ消費者グループに分割してマーケティングを行うという考え方。理論的には、市場は等質的な消費者群から成る1つの市場(マス・マーケティング)から、消費者1人ひとり(オーダーメード型マーケティング)に至るまで分割可能。市場細分化を前提とするマーケティングはこの中間に位置し、現代のマーケティングでは極めて一般的な考え方。P.コトラーによれば、市場細分化の有効性は、(1)市場の測定可能性、(2)利益確保性、(3)市場への接近可能性、(4)差別化可能性、(5)戦略の実行可能性、によって決まってくるとされる。市場細分化を地理的特性によって行い、エリア・マーケティングを展開する場合は、『民力』(朝日新聞社)などの地域データベースが参考となる。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場細分化
しじょうさいぶんか
market segmentation

市場を何らかの基準で人為的に分割し,さまざまに細分化した市場を成立させるとともに,きめ細かいマーケティング・プログラムを持ってアプローチすることを意図した市場開発の有力な方策。あらゆる人の自動車ニーズにたった一つの車で応えることで成功したT型フォードの市場を打ち破るために,GMが意識的に初めて用いた方法として名高い。 GMは「人の財布の中身に合わせて」細分化した市場を想定し,製品をそれに合わせてフルライン化した。市場細分化の基準には,地理的変数 (地域,人口密度,気候など) ,人口統計学的変数 (性別,年齢,職業など) ,心理的変数 (ライフ・スタイル,性格など) ,行動変数 (購買機会,使用頻度など) があり,複合的に利用されることも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

市場細分化の関連キーワードライフスタイル・セグメンテーションマーケット・セグメンテーションターゲット・マーケティングオフィスオートメーションターゲットマーケティングマーケティング戦略セグメンテーションフル・ライン消費者行動価格差別広告予算製品計画品質乖離差別価格広告

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android