市島屏山(読み)いちしま へいざん

  • 市島屏山 いちしま-へいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1793-1846 江戸時代後期の儒者。
寛政5年生まれ。市島岱海(たいかい)の(おい)。越後(えちご)(新潟県)水原(すいばら)の大地主市島家の一族新発田(しばた)で質屋,酒造業などをいとなむ富商の出。梁川星巌(やながわ-せいがん)にまなんで詩にすぐれ,琴や書もよくした。弘化(こうか)3年1月7日死去。54歳。名は。字(あざな)は交通。通称は秀松。別号に追蠡(ついれい)。著作に「追蠡集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android