市川 箱登羅(3代目)(読み)イチカワ ハコトラ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

市川 箱登羅(3代目)
イチカワ ハコトラ


職業
歌舞伎俳優

本名
山下 功(ヤマシタ イサオ)

別名
前名=大谷山 三郎,中村 芦鴈

屋号
大美屋

生年月日
昭和5年 7月8日

学歴
日本大学芸術学部演劇学科卒

経歴
日大芸術学部を卒業後、松竹が募集した大学卒の“学士俳優”の一人となり、昭和31年大谷山三郎を名乗って大阪中座「お夏清十郎」で初舞台。34年大阪新歌舞伎座で名題に昇進。2代目中村鴈治郎の門に入り中村芦鴈に改名し、52年初代中村鴈治郎家の大番頭で名脇役の名跡である3代目市川箱登羅を襲名。関西を中心に脇役として活躍した。63年引退後は、農村歌舞伎や各地の子供歌舞伎などで教え、平成7年一般の人々と“澪つくし歌舞伎”を結成した。

受賞
大阪府民劇場奨励賞〔昭和35年・37年〕,片岡仁左衛門賞〔昭和60年〕

没年月日
平成22年 2月11日 (2010年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android