コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川猿之助(2代) いちかわ えんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川猿之助(2代) いちかわ-えんのすけ

1888-1963 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治21年5月10日生まれ。2代市川段四郎の長男。明治25年初舞台,43年2代猿之助を襲名する。大正9年春秋座をおこし新作物を手がける。新舞踊も創作。日本俳優協会初代理事長。芸術院会員。昭和38年6月12日死去。75歳。東京出身。京華中学卒。本名は喜熨斗(きのし)政泰。前名は市川団子(初代)。晩年の名は市川猿翁(えんおう)。屋号は沢瀉(おもだか)屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川猿之助(2代)の関連キーワード朝鮮映画北九州(市)ウィルヘルム蒲郡市市川猿之助名古屋(市)サイフジン キチール剥離面線構造舟木一夫津川雅彦

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone