コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川紙 イチカワガミ

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐がみ〔いちかは‐〕【市川紙】

山梨県西八代(にしやつしろ)郡市川三郷町で生産される和紙

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちかわがみ【市川紙】

山梨県市川三郷みさと町に産する和紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川紙
いちかわがみ

山梨県市川三郷町市川大門(だいもん)で抄造される和紙。この地方の紙漉(す)きは『延喜式(えんぎしき)』の記載にまでさかのぼるが、武田(たけだ)信玄父子の活躍した16世紀ごろから近世に至るまで、御用紙(ごようし)(宮中や幕府に納めた特漉きの紙)漉き立ての伝統を誇った。コウゾ(楮)、ミツマタ(三椏)のほかクワ(桑)なども原料とされ、現在も漉かれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

市川紙の関連キーワード市川楮打ち唄市川の紙漉唄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android