コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市橋長政 いちはし ながまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市橋長政 いちはし-ながまさ

1575-1648 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)3年生まれ。林右衛門左衛門の3男。母は市橋長勝の姉。徳川秀忠につかえ,大坂の陣に功をたてる。叔父長勝が嗣子なく没し所領を没収されたが,その家督相続をゆるされ,元和(げんな)6年近江(おうみ)(滋賀県)仁正寺(にしょうじ)藩主市橋家初代となる。2万石。正保(しょうほ)5年2月11日死去。74歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市橋長政の関連キーワード安土桃山時代(年表)フロンドの乱エルナンド=デ=サン=ホセ=アヤラ秋山信友鳥居強右衛門鳥居強右衛門織田信長長篠の戦い婚約数川村重吉