コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市毛幹規 いちげ みきのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市毛幹規 いちげ-みきのり

?-1848 江戸時代後期の郷土史家。
常陸(ひたち)水戸藩士。天保(てんぽう)7年(1836)藩の彰考館(「大日本史」編修所)にはいる。石川桃蹊(とうけい),小宮山楓軒(ふうけん)にまなび,土浦の長島尉信(やすのぶ)や色川三中(みなか)と親交をもつ。「常陸事蹟考」「常南遊記」をあらわし,「水府年録」を編修した。嘉永(かえい)元年9月2日死去。通称は佐(左)五衛門。号は子啓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市毛幹規の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android