コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市販の妊娠検査薬の作用のしくみ しはんのにんしんけんさやくのさようのしくみ

1件 の用語解説(市販の妊娠検査薬の作用のしくみの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しはんのにんしんけんさやくのさようのしくみ【市販の妊娠検査薬の作用のしくみ】

 受精卵(じゅせいらん)が子宮内膜(しきゅうないまく)に着床(ちゃくしょう)し妊娠が成立すると、表面の絨毛(じゅうもう)細胞から絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが分泌(ぶんぴつ)され、妊婦の尿中に出てきます。その尿を検査することにより、妊娠かどうかがわかります。
 現在市販されている妊娠検査薬は、簡便な操作で、しかも短時間に尿中ゴナドトロピンを検出する妊娠診断法(免疫学的(めんえきがくてき)妊娠診断法)で、かなり低単位のゴナドトロピンを検出し、予定月経開始日の1日後でも判定可能です。
 しかし、妊娠反応が陽性だとしても、正常妊娠なのか異常妊娠子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)など)であるのかは判定できませんので、必ず産婦人科専門医を受診してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

市販の妊娠検査薬の作用のしくみの関連キーワード受精/受精卵着床子宮内膜症受精卵無精卵有精卵子宮内人工授精子宮内膜子宮内膜異常子宮内膜がん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone