コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆前船 ほまえせん

3件 の用語解説(帆前船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帆前船
ほまえせん

帆をはり,風の力を利用して進行する船,つまり帆船と同義語であるが,現実には限定された使い方をしている。それは明治維新前後からの習慣で,バークブリガンチンスクーナーなどの西洋型帆船を日本型帆船から区別するために特に呼んだものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほまえ‐せん〔ほまへ‐〕【帆前船】

風の力を利用して進む洋式帆船(はんせん)。幕末期に和式帆船に対していった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほまえせん【帆前船】

洋式帆船の称。幕末以降、和式の帆船に対していい、のちには汽船に対して帆船全般をいうようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帆前船の関連キーワードグライダーばね夷を以て夷を制す追風に帆を上げるサーボブレーキエアタービン順風に帆を上げるスプリングブレーキ帆引き網遠心ボールミル

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone