コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠史 エイシ

大辞林 第三版の解説

えいし【詠史】

歴史上の出来事や人物を主題として詩歌を作ること。また、その詩歌。 → 詠物えいぶつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の詠史の言及

【詠史詩】より

…歴史故事に題材を求めた中国の詩。後漢の班固の《詠史詩》はその最も古いもので,前漢文帝の時代の孝女緹縈(ていえい)の物語を主題として感慨をうたう。6世紀初に編まれた《文選(もんぜん)》では,詩の一体として〈詠史〉の部を設け,王粲(おうさん)〈詠史詩〉,曹植(そうしよく)〈三良詩〉以下,21首の作品を収める。…

※「詠史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詠史の関連キーワード志濃夫廼舎歌集短歌(文学)文華秀麗集鉛刀の一割藤原宗忠大沼枕山落合直文島田忠臣中島米華税所敦子加藤千浪長沢伴雄詠史詩五言詩林鵞峰頼山陽小野務凌雲集詠物左思

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android