コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常(じょう)きげん

デジタル大辞泉プラスの解説

常(じょう)きげん

石川県、鹿野酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞受賞

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

じょうきげん【常きげん】

石川の日本酒。酒名は、4代目当主が大豊作を村人たちと祝う席で詠んだ句「八重菊や酒もほどよし常きげん」にちなみ命名。「如(ごとし)」は精米歩合40%で仕込んだ大吟醸酒を5年間熟成させた古酒純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒をそろえる。平成4、20~23、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石。仕込み水は自社所有の「白水の井戸」の湧水。蔵元の「鹿野酒造」は文政2年(1819)創業。所在地は加賀市八日市町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

常(じょう)きげんの関連キーワード石川県

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android