常住物(読み)じょうじゅうもつ

精選版 日本国語大辞典「常住物」の解説

じょうじゅう‐もつ ジャウヂュウ‥【常住物】

〘名〙 (「もつ」は「物」の慣用音) 仏語に住むが勝手に私有したり売却してはならない共有物で、長く寺に備えて僧の受用に供すべきもの。寺舎・田園雑具、また僧の常食など。常住
正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「神丹(しんだん)叢林には常住物等あり」
※米沢本沙石集(1283)一〇末「天台大師、国清寺にして寺の常住物(シャウシウモツ)を重くし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android