常是包(読み)ジョウゼヅツミ

大辞林 第三版の解説

じょうぜつつみ【常是包】

江戸時代、銀座で包封した丁銀・豆板銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうぜ‐づつみ ジャウゼ‥【常是包】

〘名〙 江戸時代、銀座内の常是役所で包封された銀貨幣。主として儀礼用または幕府の貢納などに用いられ、包みの表面に「銀五百目」「銀壱枚」などというように内容が墨書された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android