コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常是包 ジョウゼヅツミ

2件 の用語解説(常是包の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうぜ‐づつみ〔ジヤウゼ‐〕【常是包】

江戸時代、大黒常是家が規定の様式で包封した丁銀豆板銀のこと。諸大名から将軍への献上、将軍からの下賜などの儀礼用に、また、代官所から幕府への貢納などに使われた。銀包。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうぜつつみ【常是包】

江戸時代、銀座で包封した丁銀・豆板銀。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常是包の関連キーワード大黒常是常是大黒常是(2代)大黒常是(3代)大黒常是(4代)大黒常是(5代)大黒常是(6代)大黒常是(7代)大黒常是(8代)大黒常是(9代)