コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黒常是 だいこくじょうぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大黒常是
だいこくじょうぜ

[生]?
[没]寛永10(1633).3.5.
江戸時代,幕府の銀座の頭役を世襲した大黒家の初代。泉州,堺の人で,初めは湯浅作兵衛と称したが,慶長3 (1598) 年徳川家康に召出され,大黒のを与えられた。同6年伏見に銀座が設置されると,銀貨鋳造 (銀吹役) と品質検査 (銀改役) にあたり,鋳造された銀貨はその姓にちなんで大黒像の極印が打たれた。のちに銀座は京都と江戸に分れ,京座は常是の長男作右衛門が,江戸座は次男長左衛門が銀改役を世襲した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいこく‐じょうぜ〔‐ジヤウゼ〕【大黒常是】

江戸時代の銀座役人の世襲名。→常是

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいこくじょうぜ【大黒常是】

?‐1633(寛永10)
江戸時代銀座にあって,銀吹極め並びに銀改め役を務めた家の初代。銀座役所は銀貨鋳造のいっさいを管理し,常是は吹所(ふきどころ)をもっていて,銀貨鋳造の作業に従った。幕府への上納銀(丁銀,小玉銀)の包封も,大黒常是の特権であって,それゆえにこそ銀改め役を兼ねていた。その由緒書によると,大黒常是はもとは堺の町人湯浅作兵衛で,慶長期(1596‐1615)以前は,堺において南鐐座といって,桑原左兵衛,長尾小左衛門,村田久左衛門,郡司彦兵衛,長谷又兵衛らの5人と申し合わせ,諸国から灰吹銀を買い集め,これに銅を加えて銀貨を造り,その座の極印を打って商売をしていたと記されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大黒常是
だいこくじょうぜ

江戸時代の銀座役人代々の世襲名。銀座の銀吹極(ぎんふききわめ)所ならびに諸上納銀改役(あらためやく)を家職となし、常是役所において銀貨(丁(ちょう)銀・小玉(こだま)銀)鋳造の業務を行い、その職役は世襲化された。
 初代常是は、和泉(いずみ)国(大阪府)堺(さかい)の町人湯浅作兵衛(?―1636)で、堺の南鐐座(なんりょうざ)において桑原左兵衛(さへえ)、長尾小左衛門(こざえもん)、村田久左衛門(きゅうざえもん)、郡司彦兵衛(ぐんじひこべえ)、長谷又兵衛(またべえ)の5人と申し合わせ、諸国から灰吹銀を買い集めて、これに銅を加え、めいめい極印を打って銀吹きを業務としていた。徳川家康は1598年(慶長3)に常是を伏見(ふしみ)に呼び寄せ、大黒の姓を与え、銀吹役・銀改役の特権を与えた。1601年に伏見に銀座を設け、常是は桑原ら5人を堺から召し連れ、銀座御用を勤め、銀貨に大黒像や常是などの極印を打った。その後、銀座は06年に駿府(すんぷ)(静岡市)に設けられ、翌07年には伏見から京都に移された。さらに12年には駿府から江戸に銀座が移転した。これらの銀座はいずれも常是の同族が銀改役となり、世襲化された。この銀貨の包封は常是の特権とされ、幕府に銀貨を上納するときなどには、この包封が必要であった。これを常是包とよぶ。[作道洋太郎]
『小葉田淳著『日本の貨幣』(1958・至文堂) ▽田谷博吉著『近世銀座の研究』(1963・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大黒常是の言及

【丁銀】より

…江戸時代の銀貨の中心をなすもので,形状はナマコ(海鼠)形の銀塊,量目は43匁(1匁=3.75g)内外であった。金貨の大判,小判,二分金,一分金,二朱金,一朱金が額面の明示されている定位貨幣であったのに対して,銀貨の丁銀,豆板銀(小粒銀)は使用のつどその量目を調べなければならない秤量貨幣であった。豆板銀は1個1~10匁くらいで丁銀の補助的役割を果たした小額銀貨であった。丁銀は室町時代後期から造られ,鋳造者である富商や両替商の極印によって流通した。…

※「大黒常是」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大黒常是の関連キーワード大黒常是(7代)大黒常是(6代)大黒常是(8代)大黒常是(9代)大黒常是(5代)大黒常是(2代)大黒常是(3代)大黒常是(4代)金座・銀座常是包

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android