コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐御柳 トキワギョリュウ

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐ぎょりゅう〔ときはギヨリウ〕【×磐御柳】

モクマオウ科の常緑高木。枝の節にうろこ状の小さい葉が輪生。初夏、雄花穂をつける。オーストラリア原産で、並木防風林として暖地に植えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ときわぎょりゅう【常磐御柳】

モクマオウ科の常緑高木。オーストラリア原産。熱帯地方では防風林や街路樹とし、日本では観賞用に栽植する。枝はよく分枝、ほうきのようになり、枝先は垂れ下がる。また、節が多い。雌雄同株。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

常磐御柳 (トキワギョリュウ)

学名:Casuarina equisetifolia
植物。モクマオウ科の常緑高木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

常磐御柳の関連キーワード雌雄同株街路樹分枝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android