コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常葉範貞 ときわ のりさだ

2件 の用語解説(常葉範貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常葉範貞 ときわ-のりさだ

?-1333 鎌倉時代の武将。
北条時範(ときのり)の子。引付衆,評定衆をへて,元亨(げんこう)元年から10年間六波羅探題北方をつとめる。のち引付頭人となるが,正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日幕府滅亡の際,北条高時らとともに北条氏代々の墓所東勝寺で自刃(じじん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

常葉範貞

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉末期の六波羅探題。北条時範の子。越後守,駿河守を歴任。正和4(1315)年引付衆,元応2(1320)年評定衆となる。元亨1(1321)年六波羅探題北方に就任し,元徳2(1330)年まで在京。在任中に正中の変が勃発し,これに対処。鎌倉下向後,評定衆・引付頭人となったが,幕府滅亡に際し北条高時ら一門と共に自害した。

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

常葉範貞の関連キーワード建武新政赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直金沢貞将菊池武時北条茂時北条高家

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone