コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸宮 ひたちのみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常陸宮
ひたちのみや

宮家の一つ。昭和天皇第2皇子正仁 (まさひと) 親王 (1935~ ) が,1964年9月 30日津軽義孝4女華子 (40~ ) と結婚の際,下賜された宮号

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひたち‐の‐みや【常陸宮】

宮家の一。昭和39年(1964)昭和天皇の第2皇子正仁親王が創立

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひたちのみや【常陸宮】

宮家。1964年(昭和39)昭和天皇の第二皇子義宮正仁親王が創立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の常陸宮の言及

【宮家】より

…(3)三笠宮 大正天皇の第4皇子崇仁(たかひと)親王が1935年成年に達して創立した宮家。(4)常陸宮 昭和天皇の第2皇男子正仁(まさひと)親王が1964年結婚と同時に創立した宮家。(5)高円(たかまど)宮 三笠宮崇仁親王の第3皇男子憲仁(のりひと)親王が1984年結婚と同時に創立した宮家。…

※「常陸宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常陸宮の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物常陸宮正仁親王常陸宮妃華子11月28日世界文化賞常陸宮正仁7月19日社会人野球ベニバナ女性宮家皇位継承香淳皇后末摘花御用邸皇室皇族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸宮の関連情報