コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幌内層 ほろないそうHoronai formation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幌内層
ほろないそう
Horonai formation

北海道中部に分布する石狩炭田古第三紀層中部の海成層。石狩炭田の主要な炭層を含む石狩層群の上に重なる,炭層を挟まない黒色泥岩層で,均質のため岩相によって区分しがたい。玄能石,有孔虫,貝化石などを含む。厚さ約 1600m。下位の石狩層群に接する基底部には,緑色斑点状の海緑石を多量に含む砂岩層があるのが特徴。石狩層群と接するところでは不整合の関係が観察されるが,幌内層と石狩層群の中上部とが同時異相の関係にあるという考えもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

幌内層の関連キーワード南大夕張炭鉱浅貝動物群

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android