海緑石(読み)かいりょくせき(英語表記)glauconite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海緑石
かいりょくせき
glauconite

雲母族の鉱物。 (K,Ca,Na)1-x(Al,Fe3+,Fe2+,Mg)2(Si,Al)4O10(OH)2 。灰緑ないし緑色を呈する。単斜晶系,普通は土状または粒状,無光沢,硬度2,比重 2.2~2.8。風化すると黄色または褐色。浅海性堆積岩や火山砕屑岩中に産する。イオン交換剤として硬水の軟化や,またカリ肥料として利用される。鉱物名はギリシア語の glaucos (青緑色の意) に由来する。海緑石は堆積物と同時生成鉱物であってカリを含むので,カリウム・アルゴン法で絶対年代を測定できるため地層の年代測定に最も注目される鉱物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいりょくせき【海緑石 glauconite】

含カリウム粘土鉱物の一種。雲母質粘土鉱物。化学式は(K,Na,Ca)1.2~2.0(Al,Fe)4(Si,Al)8O20(OH4)・nH2O。黄緑色,淡い暗緑色を呈し土状で産する。岩,岩などの海成層中に小球状を示して存在することが多い。海生微生物の遺骸を置換することも知られている。東北地方の新第三系海成層中に存在する。かつて,カリ肥料として利用されたこともある。【湊 秀雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいりょくせき【海緑石】

淡い暗緑色の粘土鉱物。単斜晶系。カリウム・ナトリウム・鉄・アルミニウム・マグネシウムなどを含む。海成の堆積岩中に産する。イオン交換剤として硬水の軟化に使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海緑石
かいりょくせき
glauconite

雲母(うんも)の一種。土状で柔らかく、粉末はやや脂肪感をもつ。海底で堆積(たいせき)したと考えられる砂岩によく含まれることがあり、濃集したものは海緑石砂岩とよばれる。また不純な石灰岩やシルト岩中にも含まれる。名称はこの鉱物の色から、青緑色を意味するギリシア語に由来する。和名もこの色からつけられた。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かいりょく‐せき【海緑石】

〘名〙 鉄やカリウムを含む含水アルミノ珪酸塩鉱物。灰緑または緑色の土状粒。単斜晶系。海成堆積岩、火山砕屑岩中に産出。カリウム原料、イオン交換剤などに用いられる。グローコナイト。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android