コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕末太陽伝

デジタル大辞泉プラスの解説

幕末太陽伝

1957年公開の日本映画。監督・脚本川島雄三、脚本:田中啓一ほか、撮影:高村倉太郎、音楽:黛敏郎。出演:フランキー堺南田洋子石原裕次郎、左幸子、芦川いづみ、岡田眞澄、市村俊幸ほか。第12回毎日映画コンクール音楽賞受賞。第8回ブルーリボン賞主演男優賞(フランキー堺)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばくまつたいようでん【幕末太陽伝】

1957年製作の日活映画。1944年に松竹でデビューしてから20年間に風俗喜劇,メロドラマなど各社で合計50本の作品をつくり,戯作者的な資質と才気によって〈鬼才〉ともよばれ,45歳の若さで急死した川島雄三監督の代表作であり,日本では〈異色〉の喜劇映画の名作とされる。 日本の〈現代〉を描いていけば究極的に喜劇になる,と考えていた川島雄三が,江戸古典落語の《居残り佐平次》その他の〈廓(くるわ)もの〉を素材に,時代を文久2年(1862)に設定して,勤皇と佐幕にわかれて揺れ動く武士の世界を町人の世界にからませた物語を,〈グランド・ホテル形式〉で構成,江戸の町人が武士階級に対する理想像としてつくりあげた架空の人物である佐平次(フランキー堺)と,歴史上の勤皇の志士で当時の〈太陽族〉でもあった高杉晋作(石原裕次郎)の,動乱の時代における生きざまに託して,〈現代〉を描いた傑作である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の幕末太陽伝の言及

【川島雄三】より

…青森県下北郡生れ。小児麻痺という肉体的ハンディキャップや伝説化した暴飲と奇行癖によって,代表作《幕末太陽伝》(1957)の主人公,居残り左平次にその自伝的イメージを見る人も多い。1963年,45歳で早世したが,日活時代の助監督今村昌平は,〈芸術もあった,戦争もあった,泥酔も喧嘩も恋愛も嫉妬も,ケチも痛快も憎悪も,あらゆるものが充実し,煮つまり,華やかに在った〉(《サヨナラだけが人生だ――映画監督川島雄三の一生》)と書いている。…

【喜劇映画】より

…そうした中で,植木等主演の《ニッポン無責任時代》(1962)は,サラリーマン喜劇に属しながら,陽気なピカレスクの輝きを見せ,異彩を放つが,シリーズ化された後続の作品は平凡なものとなった。 喜劇を得意とする作家としては,〈軽薄才子〉と評された初期の市川崑が,《足にさわった女》(1952),《青春銭形平次》《愛人》(ともに1953)などで発揮したモダニズムとダンディズム,また,一見それと似た軽さを示しつつも,戦後的なニヒリズムを根本とした川島雄三の《幕末太陽伝》(1957),《貸間あり》(1959),《しとやかな獣》(1962)などの,世をすねたユーモアも忘れがたい。しかし,こうしたドライな,時として毒のある笑いは,大衆受けはしなかった。…

※「幕末太陽伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幕末太陽伝の関連キーワードはせ さん治石原 裕次郎武藤 章生宮部 昭夫南田 洋子殿山 泰司岡田 真澄川島 雄三左 幸子梅野泰靖関根正明小林旭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幕末太陽伝の関連情報