コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原裕次郎 いしはらゆうじろう

6件 の用語解説(石原裕次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石原裕次郎
いしはらゆうじろう

[生]1934.12.28. 神戸
[没]1987.7.17. 東京
映画俳優。 1956年日活映画『太陽の季節』に初出演,以来若者たちの間で人気スターとなった。 63年には石原プロを創立。俳優の養成,テレビ映画の制作などに活躍した。おもな主演作品『狂った果実』 (1956) ,『俺は待ってるぜ』 (57) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしはら‐ゆうじろう〔‐ユウジラウ〕【石原裕次郎】

[1934~1987]映画俳優・歌手。兵庫の生まれ。芥川賞作家石原慎太郎の弟。映画「太陽の季節」でデビュー。「狂った果実」「嵐を呼ぶ男」などで一躍スターとなる。歌手としても「銀座の恋の物語」などの主題歌や「夜霧よ今夜も有難う」などで人気を博した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石原裕次郎【いしはらゆうじろう】

映画俳優,歌手。兵庫県生れ。慶応義塾大中退。1956年に兄石原慎太郎原作の日活映画《太陽の季節》でデビュー,以後《俺は待ってるぜ》《嵐を呼ぶ男》(ともに1957年),《銀座の恋の物語》(1962年),《赤いハンカチ》(1964年)などでアクション・スター,青春スター,また歌手として活躍。
→関連項目小林旭杉浦直樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原裕次郎 いしはら-ゆうじろう

1934-1987 昭和時代後期の映画俳優。
昭和9年12月28日生まれ。昭和31年兄石原慎太郎原作の「太陽の季節」で日活からデビュー。つづく「狂った果実」「乳母車」でブームをよび,33年「嵐を呼ぶ男」の記録的ヒットでスターとなる。35年相手役の北原三枝と結婚。歌手としても「銀座の恋の物語」などの主題歌で人気を博した。38年石原プロを設立,後年はテレビで活躍。昭和62年7月17日死去。52歳。兵庫県出身。慶大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いしはらゆうじろう【石原裕次郎】

1934~1987) 映画俳優。神戸生まれ。「太陽の季節」でデビュー、「嵐を呼ぶ男」などで新しい時代のヒーローとしての地位を獲得。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石原裕次郎
いしはらゆうじろう
(1934―1987)

映画俳優。兵庫県生まれ。慶応義塾大学中退。在学中の1956年(昭和31)兄の石原慎太郎(しんたろう)の小説を映画化した『太陽の季節』でデビューし、昭和30年代の若者風俗を象徴する「太陽族」の名とともに一躍有名になる。同年『狂った果実』に主演し、スターにのしあがった。1957年『嵐を呼ぶ男』は空前のヒット。長い脚と甘さの中に野性味をたたえた容貌(ようぼう)で、新しいタイプのヒーローとして圧倒的な支持を得て、日活のドル箱スターとなった。低音で歌う歌も『俺は待ってるぜ』『銀座の恋の物語』『赤いハンカチ』『夜霧よ今夜も有難う』などと次々にヒットさせ一時代を画し、1967年にレコード大賞特別賞を受賞した。1963年石原プロモーションを設立し社長となり、同年の芸術祭賞の『太平洋ひとりぼっち』、1968年『黒部の太陽』などを製作し野心作を生み出した。1972年テレビ映画『太陽にほえろ!』に出演し、茶の間でも人気スターとして注目を浴びた。1987年7月17日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石原裕次郎の言及

【活劇映画】より

…新東宝では《白線秘密地帯》(1958)の宇津井健,《黄線地帯(イェロー・ライン)》(1960)の吉田輝雄,《女王蜂》シリーズ(1960‐61)の三原葉子等々。しかし正真正銘〈活劇王国〉として栄えたのは日活で,1954年の製作再開直後から,水島道太郎,河津清三郎,三国連太郎,三橋達也らを主演に探偵活劇,犯罪活劇,暗黒街活劇がつくられ,やがて,石原裕次郎を中心に小林旭,赤木圭一郎,和田浩治を含めた〈ダイヤモンド・ライン〉なるスター路線で活劇を量産し,いわゆる〈日活アクション〉の全盛期(1950年代末から60年代末まで)を迎え,さらに宍戸錠,二谷英明,高橋英樹,渡哲也といった後続スターを生み出し,やがて60年代末からは藤竜也,梶芽衣子,原田芳雄らを中心に遊戯的青春群像を描く〈日活ニュー・アクション〉の時代に移るが,そうした流れは日活映画(にっかつ)そのものの歴史でもある。
[活劇の衰退]
 1970年代から80年代にかけて日本映画の製作本数は激減し,それとともに活劇も衰退してスクリーンからすっかり姿を消した。…

【日本映画】より

…(1)長谷川一夫(1948‐52)(2)鶴田浩二(1952‐53)(3)山村聡(1952‐65)(4)岸恵子,久我美子,有馬稲子の〈にんじんくらぶ〉(1954‐66)(5)三船敏郎(1962‐ 。東京世田谷成城)(6)石原裕次郎(1963‐ )(7)三国連太郎(1963‐65)(8)勝新太郎(1967‐ )(9)中村錦之助(のち萬屋錦之介)(1968‐ )
【時代劇と現代劇】

[サイレント映画の頂点――時代劇の全盛時代]
 日本映画は1920年代後半,量産時代に入り,年間650本ほどの作品がつくられるようになった。まだサイレントの時代であり,全盛期には7000人の弁士がいたという。…

※「石原裕次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石原裕次郎の関連キーワード佐田啓二鶴田浩二増村保造井沢淳伊藤雄之助岡田桑三荻昌弘高橋貞二成田三樹夫二本柳寛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石原裕次郎の関連情報