異色(読み)イショク

  • こといろ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《同じでない色、また、普通とは違う色の意から》他と異なって特色のあること。また、そのさま。「異色の顔ぶれ」「異色な作風」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 同じでない色。また、普通とはちがった色。
※田氏家集(892頃)下・禁中瞿麦花詩三十韻「重栄兼絵意、異色度炎涼。不問洲蘋白、誰占県菊黄」 〔沈約‐和劉中書仙詩〕
② 普通と変わっていて目だつこと。目だった特色があること。
※垂加文集(1714‐24)一「埋犬記〈略〉見異色之人、雖昼吠之」
※星座(1922)〈有島武郎〉「矢部さんの講義は何といっても異色だ」
〘名〙
① 別の色。他の色。
※順徳院百首(1232)冬「冬来てもなほ時あれや庭の菊こといろ染むる四方の嵐に」
② 別の愛人。他の情人。
※浄瑠璃・芳野の内裡(1708)一「二せと契りしわがつまを、うきこといろにねとられて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異色の関連情報