風俗喜劇(読み)ふうぞくきげき

  • comedy of manners

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風習喜劇ともいう。広義には風俗を描いた喜劇一般のことだが、狭義には、とくにイギリスの社交界の男女関係を知的に突き放して描く、洗練されていて機知に富む喜劇をさす。王政復古期から18世紀初頭に盛んに書かれ、エサリッジ、ウィッチャリー、コングリーブ、ファーカー、バンブラらが代表作家としてあげられる。18世紀後半のO・ゴールドスミスやシェリダン、19世紀のワイルド、20世紀のモーム、カワードらに受け継がれた。おおむね常識からすれば不道徳な題材を扱うので批判されることがあり、また情的要素を退けるので大衆にはかならずしも好まれない。これらの特徴を備えている点で、現代のH・ピンターの作品もこれに含められる。

[喜志哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の風俗喜劇の言及

【風習喜劇】より

…風俗喜劇ともいう。広義には風俗を描く喜劇全般を指すが,狭義にはイギリスの社交界の風俗を描いた知的で洗練された喜劇のことである。…

※「風俗喜劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android