コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平塚益徳 ひらつかますのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平塚益徳
ひらつかますのり

[生]1907.6.19. 東京
[没]1981.3.10. 東京
教育学者。 1931年東京大学教育学科卒業。広島高等師範学校教授,九州大学教授,ユネスコ本部教育局長 (1960) ,国立教育研究所長 (63~78) などを歴任した。日本教育史,西洋教育史のほか,比較教育学,道徳教育,社会教育など広範にわたって研究。また数多くの審議会で会長職をつとめるなど,日本の教育発展に尽力し,アジアにおけるユネスコ活動にも指導的な役割を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平塚益徳 ひらつか-ますのり

1907-1981 昭和時代の教育学者。
明治40年6月19日生まれ。広島高師,九州帝大の教授をへて,昭和28年九大教育学部長。35年日本人初のユネスコ本部教育局長。38年国立教育研究所長となり,「教育百年史」全10巻を完成させた。昭和56年3月10日死去。73歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「近代支那教育文化史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平塚益徳の関連キーワード桜井ちか子昭和時代宗教教育

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android