コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平尾昌晃 ひらお まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平尾昌晃 ひらお-まさあき

1937- 昭和後期-平成時代の歌手,作曲家。
昭和12年12月24日生まれ。慶応高を中退,ロカビリー歌手としてデビュー。のち歌謡曲の「星はなんでも知っている」「ミヨちゃん」がヒット。闘病生活をへて作曲家に転身し,「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲を生む。テレビ番組「必殺」シリーズなどの音楽も手がける。神奈川県出身。本名は勇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ひらお‐まさあき〔ひらを‐〕【平尾昌晃】

[1937~2017]作曲家・歌手。東京の生まれ。ロカビリー歌手としてデビューした後、作曲家として活躍し多くのヒット曲を生んだ。代表作に「霧の摩周湖」「よこはま・たそがれ」「瀬戸の花嫁」など。また、テレビ時代劇「必殺」シリーズの音楽なども手がけた。平成15年(2003)紫綬褒章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

平尾昌晃の関連キーワード赤い絆(レッド・センセーション)カリフォルニア・コネクション必殺仕事人2009長崎から船に乗ってキラキラ星あげる走れ風のようにわたしの城下町やさしさ紙芝居港・ひとり唄二人でお酒を荒野の果てに君はわが運命さすらいの唄アメリカ橋別れぬ理由五木ひろしあなたの灯宗心晴菜淡谷幹彦松原健之

平尾昌晃の関連情報