コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山尚住 ひらやま なおずみ

1件 の用語解説(平山尚住の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山尚住 ひらやま-なおずみ

?-1745 江戸時代中期の武士。
安芸(あき)広島藩士。目付役,先手物頭役などをつとめる。藩主浅野吉長にみとめられ元文5年尾道町奉行となる。西廻り航路の開通で来船がおおくなった尾道港の改修・埋立工事をすすめ,翌年完成。約30aの埋立地を町方商人にはらいさげた。延享2年5月5日死去。一説に明和5年(1768)12月死去。通称は角左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

平山尚住の関連キーワード浅野長員池田長恵恵美大笑朽木直綱黒沢清右衛門佐藤秀周滝信彦妻木頼隆土岐頼香三井之孝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone