平岡盛三郎(読み)ひらおか もりさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平岡盛三郎 ひらおか-もりさぶろう

1852-1882 明治時代の物理学者。
嘉永(かえい)5年8月20日生まれ。市川兼恭(かねのり)の次男。市川文吉の弟。幕府留学生としてロンドン大でまなぶ。帰国後,東京開成学校教授,東京大学教授となる。高圧計や磁力の変化について研究した。明治15年10月26日死去。31歳。江戸出身。名ははじめ森三郎。訳書リッター「物理日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android