コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川兼恭 いちかわ かねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川兼恭 いちかわ-かねのり

1818-1899 江戸後期-明治時代の洋学者。
文政元年5月11日生まれ。緒方洪庵(こうあん),杉田成卿(せいけい),佐久間象山にまなぶ。江戸で医師を開業後,砲術をもって越前(えちぜん)福井藩につかえ,のち幕臣となる。維新後は陸軍兵学寮中教授。ドイツ語学習の開拓者。明治32年5月26日死去。82歳。安芸(あき)(広島県)出身。通称は斎宮。号は浮天斎など。名は「かねたか」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

市川兼恭

没年:明治32.8.26(1899)
生年:文政1.5.11(1818.6.14)
幕末明治期の洋学者。通称は斎宮,号は浮天斎。広島藩医文徴,政子の3男。緒方洪庵,杉田立卿・成卿,佐久間象山に蘭学,兵学を学ぶ。江戸で医師開業,砲術研究をし,嘉永3(1850)年福井藩の砲術師範。同6年より幕府天文台訳員,蕃書調所,開成所教授職を歴任,慶応1(1865)年幕臣,同3年大番格砲兵差図役頭取勤方。維新後は陸軍兵学中教授で明治7(1874)年辞職,同12年東京学士会院会員。砲術,翻訳,理化学,電信機,活版印刷を行い,ドイツ語学習を加藤弘之と共に開拓した。<著作>『遠西武器図略』<参考文献>原平三『幕末洋学史の研究』

(向井晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

市川兼恭の関連キーワード平岡盛三郎市川文吉岡部養竹市川斎宮明治時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android