平年値(読み)へいねんち(英語表記)normal value

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平年値
へいねんち
normal value

気象要素(気温,気圧,降水量など)の長期間平均値気候値ともいう。世界気象機関 WMOでは最近の 30年間の平均値を採用し,10年ごとに更新している。2001年から 2010年までは 1971~2000年の平均値を,2011年から 2020年までは 1981~2010年の平均値を用いる。平年値からのずれを平年偏差という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平年値

その時々の気温や降水量などの気象を評価する基準となったり、冷夏少雨などの天候を評価する基準とする値。気象庁は、30年間の平均値を使い、10年ごとに巡ってくる西暦の一の位が1の年に、更新している。今年は、1971~2000年までの観測結果を使った旧平年値を、1981~2010年までの値に更新した。日照時間や積雪の深さなどの地上の観測項目や、風向・風速など上空の観測項目、梅雨入り梅雨明けの時期、台風の発生数などの他に、ウグイスの初鳴き日・イチョウの落葉日などの生物の観測項目もある。

(2011-05-27 朝日新聞 朝刊 愛媛全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいねん‐ち【平年値】

気温・降水量などの、過去30年間の平均値。10年ごとに更新される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へいねんち【平年値】

気候学でいう平年値とは,気候を表す標準の尺度として用いられる気候要素の30年間の累年平均値で,10年ごとに改訂される。日本では現在1961‐90年の平均値が用いられている。観測期間が短い地点では8年以上の平均値を準平年値とする。世界的には,世界気象機関(WMO)技術規則によって,上記の平年値以外に,1901‐30年,1931‐60年,1961‐90年の累年平年値を標準平年値とする取り決めがなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へいねんち【平年値】

気温や降水量など気象要素の累年平均値。西暦年の一の位が0である年が終わるごとに、それ以前の30年間分を算出する。たとえば、1961年から90年までのものを2000年まで用い、10年ごとに更新する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へいねん‐ち【平年値】

〘名〙 過去三〇年間の気候を平均した値をいう。例えば二〇〇一~一〇年に使われる平年値は、一九七一~二〇〇〇年の三〇年間の平均値を用いる。国際的に平年値は一〇年ごとに更新する。〔日本の気候(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平年値の関連情報