コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候要素 キコウヨウソ

5件 の用語解説(気候要素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きこう‐ようそ〔‐エウソ〕【気候要素】

気候の状況を表す種々の要素。気温・風・降水量・湿度・日照・雲量など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

気候要素【きこうようそ】

気候を構成する要素。気温,降水,湿度,風,日照,雲量などの平均値,変動の幅,再現期間などがこれに当たる。大気中の塵埃(じんあい)量や紫外線の強度などの統計資料も気候要素になる。
→関連項目気候ケッペンの気候区分

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きこうようそ【気候要素 climatic element】

気候をただ一つの値で示すような観測器械も観測方法もないので,ある地点の気候を知るには,日照,日射,気温,地温,湿度,降水量(雨量),蒸発量,気圧,風向,風速,雲量,積雪の深さなどの,気候を構成する要素に分けて数量的に調べ,これらを組み合わせて気候を表す方法がよく用いられる。これらの要素は,気象や天気を知るために行われる気象観測の項目にもなっているので,気象要素でもあるが,観測資料が気候を表現するのに便利なように,平均などの統計処理や記述をした場合に気候要素という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きこうようそ【気候要素】

気候を表現するためのいくつかの要素。気温・降水・風・湿度・雲量・視程・日照・蒸発散など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気候要素
きこうようそ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気候要素の関連キーワード一価関数陰関数砂漠気候雲鏡測器大気候単独心とろかすような/マサの事件簿D値ガウスの誤差曲線

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気候要素の関連情報