コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠頼 たいらの ただより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠頼 たいらの-ただより

?-1030 平安時代中期の武人。
平良文(よしぶみ)の子。陸奥介(むつのすけ)となり,平繁盛と対立。寛和(かんな)元年ごろ繁盛が金泥で書写した大般若経延暦(えんりゃく)寺に奉納しようとしたとき,弟の忠光とともに妨害をはかった。子孫は畠山・千葉・上総氏などの武士団として発展。長元3年10月27日死去。初名は経明。通称は村岡次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平忠頼の関連キーワード松平忠重平良文平忠常武人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android