コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠頼 たいらの ただより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠頼 たいらの-ただより

?-1030 平安時代中期の武人。
平良文(よしぶみ)の子。陸奥介(むつのすけ)となり,平繁盛と対立。寛和(かんな)元年ごろ繁盛が金泥で書写した大般若経延暦(えんりゃく)寺に奉納しようとしたとき,弟の忠光とともに妨害をはかった。子孫は畠山・千葉・上総氏などの武士団として発展。長元3年10月27日死去。初名は経明。通称は村岡次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平忠頼の関連キーワード松平忠重平良文平忠常武人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android