コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠頼 たいらの ただより

1件 の用語解説(平忠頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠頼 たいらの-ただより

?-1030 平安時代中期の武人。
平良文(よしぶみ)の子。陸奥介(むつのすけ)となり,平繁盛と対立。寛和(かんな)元年ごろ繁盛が金泥で書写した大般若経を延暦(えんりゃく)寺に奉納しようとしたとき,弟の忠光とともに妨害をはかった。子孫は畠山・千葉・上総氏などの武士団として発展。長元3年10月27日死去。初名は経明。通称は村岡次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平忠頼の関連キーワードB判マフムード現代(ヒョンデ)自動車不正資金問題ウレンゴイ・ガス田韓国の家庭ごみ有料化緊急需給調整(市場隔離)シンガポールの観光県交通指導隊若草理容室ガズナ朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone