畠山(読み)ハタケヤマ

デジタル大辞泉「畠山」の解説

はたけやま【畠山】

氏の一。
武蔵国秩父豪族桓武平氏。村岡良文の子孫で、秩父重弘の子重能の時畠山氏を称したのに始まる。
清和源氏足利氏の支族。足利義純が重忠の旧領を与えられて畠山氏を称した。その子孫は室町幕府管領かんれい家となった。
[補説]「畠山」姓の人物
畠山重忠はたけやましげただ
畠山政長はたけやままさなが
畠山義就はたけやまよしなり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android