コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平松理英 ひらまつ りえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平松理英 ひらまつ-りえい

1855-1916 明治-大正時代の僧。
安政2年生まれ。真宗大谷派。明治の初め廃仏毀釈がおきると,仏教の公開演説会をひらき,各地で布教につとめた。日清日露戦争に布教師として従軍。のち東京北品川の正徳寺の住職となった。大正5年10月21日死去。62歳。著作に「教海美譚」「無尽蔵」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平松理英の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android