コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平清経 たいらの きよつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平清経 たいらの-きよつね

?-1183 平安時代後期の武将。
平重盛の3男,母は藤原家成の娘。治承(じしょう)4年以仁(もちひと)王が挙兵したとき園城寺(おんじょうじ)攻撃の大将となり,養和元年東国の源氏追討副将軍をつとめる。平家一門の都落ちにしたがい,寿永2年10月豊前(ぶぜん)柳浦(福岡県)で入水(じゅすい)した。謡曲清経」の題材となる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の平清経の言及

【清経】より

世阿弥作。シテは平清経の霊。源平の戦で西国へ都落ちした清経の邸には,妻(ツレ)が寂しく留守を守っている。…

※「平清経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平清経の関連キーワード平家谷平重盛乙前

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android